2019.06.26  弊社サービスのペネトレーションテストを「脅威ベースのペネトレーションテスト」と名称を改めました

弊社サービスのペネトレーションテストを「脅威ベースのペネトレーションテスト」と名称を改めました。
https://security-initiative.co.jp/?cat=16

内容はこれまでと変わりませんが、脆弱性診断、ペネトレーションテスト、レッドチームと混乱してきた国内での言葉の定義がようやくこの「脅威ベースのペネトレーションテスト」という言葉の普及により弊社が提供してきたペネトレーションテストと一致することとなり、サービス名もそれに合わせることにしました。

従来の脆弱性診断との大きな違いは、脆弱性診断がシステム主体の汎用的な全体網羅型であることに対し、弊社のペネトレーションテストが個別のビジネス主体のリスクベース型であることです。セキュリティ技術者とマネージメント監査人が同じプロジェクトで組織のセキュリティ向上という同じ目的をもって協働することでシステム上のセキュリティだけではなく組織としてのセキュリティ向上を支援します。

弊社のペネトレーションテストは全体網羅型の脆弱性診断を取り入れた事前調査を行い、リスクベースの脅威モデリングから決定した攻撃シナリオに沿った形でペネトレーションテストを実行します。また、テスト後はビジネスリスク分析と対策実施支援とプロジェクトの有効性分析を行います。複数回のプロジェクトとして実行することでさらに効果を高めます。そのため、他社の同等のサービスよりも1/2~1/3程度の低価格で提供することにいたしました。

もちろん、セキュリティ向上策の第一歩として「自組織を知る」ための脆弱性診断もお客様のニーズに合わせて行っております。弊社コンサルタントにご相談ください。