2020.05.14  [プレスリリース]セキュリティイニシアティブはOWASP Foundationのコーポレートサポーターに加盟しました

株式会社セキュリティイニシアティブ(本社:宮城県仙台市、代表取締役:小笠貴晴)は、ソフトウェアのセキュリティ向上のための組織、OWASP Foundationのコーポレートサポーターに加盟したことをお知らせします。

OWASPとは

 OWASP(The Open Web Application Security Project)は、世界中に275の支部・数万人のメンバーを持つ非営利団体です。ボランティアや有志のメンバーで構成されており、OWASP主導の勉強会やカンファレンスを通じて情報を発信することで、開発者や技術者がWebを安全に使用するための情報源となっています。
国内でも東京、名古屋、関西、九州、沖縄と各地域で活発に活動が行われており、国内のアプリケーションセキュリティを主導する組織です。

OWASP サポーター

OWASP コーポレートサポーター

セキュリティイニシアティブ代表の小笠は、2016年からOWASP Sendaiのチャプターリーダーの一人として活動しており、他リーダーと共にこれまでに43回の勉強会を開催しています(2020年5月14日現在)。地元の学生・エンジニアだけでなく、全国・海外からのゲスト登壇も多く、知識と交流を深める場となっています。

2020年6月6-7日(日本時間)には、世界中各地のOWASPチャプターがリレー形式でオンラインミーティングを行う「OWASP Chapters All Day」も開催されます。セキュリティイニシアティブは、本イベントのサポーターとして準備を進めております。

セキュリティ分野の発展のため、今後も意欲的に活動を続けて行く所存です。